感じたものすべて


by novain0714

<   2010年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

言葉

一流とはつまり、一途ということだ。
一流と二流を分ける条件などというものがもしあるとしたら、それは才能でも運でもない。
どれだけひたむきに、一途になれるか、ただそれだけにかかっているのだ。
「三流」 長嶋一茂

キムヨナすごすぎ。
母親がキムヨナの運転手兼マッサージ師兼鬼コーチ兼英語の教師として、一日16時間練習に付き添ったらしい。
母親もすごい。
[PR]
by novain0714 | 2010-02-28 07:28 | 言葉

by GR DIGITAL II

a0120591_9144140.jpg

[PR]
by novain0714 | 2010-02-27 08:01

by GR DIGITAL II

a0120591_1224972.jpg

[PR]
by novain0714 | 2010-02-26 08:26

言葉

条治よ 悔しかったか
条治(加藤)よ、悔しさがだんだんこみ上げてくる銅メダルではなかったか。
 僕も同じ色のメダルを持っている。長野五輪の男子1000メートル。500メートル金メダルの勢いで取らせてもらった。正直、まぐれの要素もあり、うれしいメダルだった。
 一般的に「銀メダルは悔しいメダル、銅メダルはほっとするメダル」と言われる。つまり、銀メダルには金に届かなかった悔いが残り、銅メダルは表彰台に上がれたという財産が残るという意味合いだ。
 条治、君は違っただろう。金メダルが狙えたレースだった。結果として、銅メダル。さらに、銀メダルは同じチームの長島圭一郎に逆転を許し、さらわれた。レース直後の苦しそうな表情は、滑り終えた後の疲れだけではなかったはずだ。
 頂点に立てなかった原因ははっきりしている。2回目の滑りだ。第1コーナーの出口でバランスをくずし、最後の直線はスタミナ切れから失速した。1 回目と同じレースを2回目でもしていれば、表彰台の頂点を十分狙えたのだ。これは、たまたま起こったことではない。1回滑るだけなら、君は本当に強い。し かし、2回そろえることが普段からの課題だった。
 僕は君に言われたことがある。「清水さん、あんなにつらいトレーニングをやらなきゃいけないなら、僕スケートやめます。楽して金メダル取りたいで すね」。僕の練習のドキュメンタリーを見ての感想だった。僕は心肺機能を高めるために失神寸前まで自分を追い込むトレーニングをしてきた。それに対しての 反応だった。腹もたたなかった。失礼だとも思わなかった。ある意味で、君は天才だから。コーナリングは僕が教えを請うほどの能力を持っていた。
 今回、ズバリ何が足りなかったのか。1000メートルの練習だ。君は500メートルに特化し、1000メートルを捨てた。しかし、500メートルを1日2回滑る今の五輪では1000メートルの練習が不可欠なのだ。
 銅メダルで満足していないはずの君だから、言う。4年後金メダルを手にするには練習方法の変更が必要だ。栄光のメダリストに対して、あえて厳しく書いたことを許してほしい。(長野五輪金メダリスト・清水宏保)
朝日新聞2/17夕刊より
[PR]
by novain0714 | 2010-02-25 07:49 | 言葉

by GR DIGITAL II

a0120591_20411452.jpg

[PR]
by novain0714 | 2010-02-24 07:08

言葉

ロシアの政治家に尋ねたことがある。
バレエは、人生に必要なものでしょうか、と。
政治家は即答した。
人間はいつも言葉で考えているわけではない。
言葉を越えたところにある「思い」をバレエは表現できる。
だから重要なのだと。
動きで、顔で、表現で。
国境を越えて、思いを伝えられる。
アエラ2010年3月1日号より

浅田選手は調子がよさそうだが、安藤選手はよくなさそう。
結果はどうなることやら。
[PR]
by novain0714 | 2010-02-24 07:07

by GR DIGITAL II

a0120591_9594683.jpg

[PR]
by novain0714 | 2010-02-23 07:56

言葉

考え方がポジティブで、どうせ同じ時間を過ごすなら楽しく過ごしたいと思っている。
杉山愛
[PR]
by novain0714 | 2010-02-22 07:48 | 言葉

by EOS Kiss X3

a0120591_9483586.jpg

[PR]
by novain0714 | 2010-02-21 08:56

言葉

映画というものには、何か現実と虚構の境を飛び越えてしまうようなところがあると思います。
そういう強い磁力みたいなものを映画は持っていて、撮影現場で人が死んだりすることもある。
「現実」とか「虚構」というのはあえて境界を設けるための言葉で、もともと現実は虚構で、虚構は現実で、境い目はないんです。
そういう言葉の境界を越えた本当のことが、映画には映ります。

やはり近代に向かって、人間は音楽に関してもどんどん、コントロールしよう論理的に操作しよう、という方向に向かってきたことがわかる。
同じころにジョン•ケージが出てきて、操作を加えない、偶然に任せてしまう音楽というのを提示するに至った。

形というものはどうやって認識できると思う?
色彩がないと認識できないんだ。
坂本龍一 「音楽は自由にする」
[PR]
by novain0714 | 2010-02-20 08:22 | 言葉