感じたものすべて


by novain0714

カテゴリ:言葉( 93 )

言葉

作品をつくるのに何が必要だろうか
技術か、知識か、才能か、努力か
理想か、情熱か、賞賛か、批判か

心のうち側の静けさ
今それを大切に思ってます
井上雄彦 バガボンド32巻より

同じく講談社のモーニングで連載されている宇宙兄弟もおもしろい。
笑い、真面目さ、熱さのバランスがぜつみょー。
[PR]
by novain0714 | 2010-01-21 08:35 | 言葉

言葉

君たちは君たちの感覚でつかんだものを究極まで考え抜くべきだ。
君たちが世界と名づけたもの、それはまず君たちによって創造されねばならぬ。
ツァラトゥストラ

自分の体全体で感じるのが大切。
外に向かってアンテナを立て、考え抜くことによって世界が作られる。
常識に流されず、自分で判断した道が重要だとニーチェは説いた。
斉藤孝
[PR]
by novain0714 | 2010-01-19 09:08 | 言葉

言葉

白があるのではない。白いと感じる感受性があるのだ。
白について語ることは色彩について語ることではない。

それは自分たちの文化の中にあるはずの感覚の資源を探り当てていく試みである。

つまり、簡潔さや繊細さを生み出す美意識の原点を、白という概念の周辺に探ってみたのである。

白があるのではない。

白いと感じる感受性があるのだ。

だから白を探してはいけない。

白いと感じる感じ方を探るのだ。

白という感受性を探ることによって、僕らは普通の白よりももう少し白に意識を通わせることができるようになる。
静けさや空白の言葉が分かるようになり、そこに潜在する意味を聞き分けられるようになる。

白に気を通わせることで世界は光を増し、陰翳の度を深めるのである。
デザイナー 原研哉
[PR]
by novain0714 | 2010-01-17 09:58 | 言葉

言葉

続ければ続けるほど、自分ならではのものに近づけるはず。
「 ソーイングテーブル 」 オーナー・玉井恵美子
[PR]
by novain0714 | 2010-01-15 10:04 | 言葉

言葉

Cultureという外国語の意味は何かと申しますと、これは元来はラテン語が語源であります。
ラテン語というのは、ヨーロッパ人にっとては、日本人にとっての漢文というものに当たると、まぁ、大雑把に言ってよろしいかと思いますが、この言葉は農業に、農耕文明に非常に興味深い関係を持っている言葉であります。
英語のカルチャアの動詞はカルティベイト(Cultivate)ですが、これは、土を耕し、植物と作物を大切に育てて、その植物が本来持っている可能性を実現させる、そのもっとも美しい花を開かせる、或いはもっとも香ぐわしい果実を実らせる、ということであり、カルチャアとは、その植物が、作物が、作物であれ、果樹であれ、次第に成長して発展して、ついに咲かせた花、遂に実らせた果実という意味なのです。
皆さんが、この世に存在して生きてることによって、皆さんが咲かせる花、実らせる木の実によって、どのくらい周りの人々や世界が、明るくなるのか、豊かに、美しく変化するのか、その力の程度が、皆さんのカルチャアの程度であるということになりましょう。
「教養」とは、人間が長い時間をかけて成長し成熟して遂に身につけた力、周りの人を、環境を明るく、豊かに、美しくするのに役立つ力、その人の言行の中から滲み出ている力のことを言うのであります。皆さんが、日本の文化とは何か、と問われた時、それは、日本という国が存在することによって、世界がどのくらい明るく、豊かに、美しく変化するか、その力が日本の文化であるという具合に、文化という言葉の語源からお考え下さるならば、cultureという言葉をめぐっての僕の話は、ここで一区切つけてよいかと思います。
(故・奥井潔先生 駿台予備校)
[PR]
by novain0714 | 2010-01-13 08:59 | 言葉

言葉

才能には限界がある。でも頭脳に限界はない。
野村克也
[PR]
by novain0714 | 2010-01-11 08:54 | 言葉

言葉

それまではアスリートとして一般的な身体の鍛え方でしたけど、トリノ五輪以降、トレーニングに対する考え方が変わった。
例えば、バ-ベルを上げてもこの負荷はスキーのどの動きに役に立つとか考えながらやるようになった。
感覚と身体が繋がったとでも言うんでしょうか。
体幹が固まり、感覚が鋭くなったので、今は身体を自由に操れる。
上村愛子
[PR]
by novain0714 | 2010-01-09 08:43 | 言葉

言葉

人を楽しませたいから、まず自分が楽しむ。
パーカッショニスト

ていねいに遠回りするのが、いちばんの近道だから。
ヴァイオリニスト
[PR]
by novain0714 | 2010-01-07 08:19 | 言葉

言葉

監督の仕事というのは妥協の連続なんだよ。
どこまで妥協できたか、どこから妥協できないか、それをわかっていないと映画はすぐに堕落して死んでしまう。
また百回に一回ぐらいだけど、ぼくのイメージ以上のことを役者やカメラマンがやってくれることがある。
それは幸福の時ですよ。映画という仕事にしかない幸福感だね。
それがうれしくてずっと監督やっているようなものです。
黒澤明
[PR]
by novain0714 | 2010-01-05 09:13 | 言葉

言葉

教育の目的はただひとつである。
それは、人を成熟に導くことである。
誰も人間を他動的に成熟させることはできない。
人間を成熟させるのは自分自身である。
思想家・内田樹
[PR]
by novain0714 | 2010-01-03 08:04 | 言葉