感じたものすべて


by novain0714

言葉

映画というものには、何か現実と虚構の境を飛び越えてしまうようなところがあると思います。
そういう強い磁力みたいなものを映画は持っていて、撮影現場で人が死んだりすることもある。
「現実」とか「虚構」というのはあえて境界を設けるための言葉で、もともと現実は虚構で、虚構は現実で、境い目はないんです。
そういう言葉の境界を越えた本当のことが、映画には映ります。

やはり近代に向かって、人間は音楽に関してもどんどん、コントロールしよう論理的に操作しよう、という方向に向かってきたことがわかる。
同じころにジョン•ケージが出てきて、操作を加えない、偶然に任せてしまう音楽というのを提示するに至った。

形というものはどうやって認識できると思う?
色彩がないと認識できないんだ。
坂本龍一 「音楽は自由にする」
[PR]
by novain0714 | 2010-02-20 08:22 | 言葉